国民的病気のガンになっても入れる保険がここにある

カメラ目線の医者

国民的な病気

2人に1人

2人の人が立っていたとしたら、その片一方はガンに罹る可能性が濃厚です。それはさまざまな検証データが導き出した答えです。
今現在、ガンの特効薬というものは存在しておらず、1人の人がガンに罹る可能性はグッと伸びています。
健康な細胞が異常な細胞へと変化し、腐食が広がるかのように異常細胞が勢力を広げていくこと。
ガンの症状は深まり、その人の死亡率は上がり、何らかの手を打たなければひどいことになってしまいます。
物騒な話ではありますが、実に、ガンは今日本で「死因ランキングの第1位」となっています。隣の人が罹らないとしたら、あなたが罹るかもしれない……そういう病気なのです。
まさに、国民的な病気のひとつと言っていいでしょう。

入れる保険

ガンに罹ってしまったら、さまざまな治療を行わなければいけません。薬や手術が代表的な治療方法で、ガン細胞を撃退することが出来る抗ガン剤や、ガン細胞に冒された部分を切除する手術などが行われます。
ガンマ線などの放射線をあててガン細胞を死滅させるというアラワザもあります。効果はてきめんですが、副作用も覚悟しなければならない治療方法です。
ガンは人類最大の敵であり、こいつを撃退するためにはさまざまな手が尽くされるのです。
ただ、そのようにして治療をしていくにしたがって、比例的に、医療費はどんどん積み上がっていきます。
ガンひとつをやっとこさ消し去るのに、莫大な医療費がかかってしまうという状況があるのです。それに対応するために、人は保険に加入しておきます。生命保険や医療保険、あるいはガンという病気に特化したガン保険……これらの「備え」さえあれば、もし仮になってしまったとしても、医療費は保険金で賄うことが出来るのです。
ただし、これまでは、ガン保険や医療保険、生命保険への加入はあくまでもガンなどの病気に罹る前でなければならないというのが、揺るぎない原則でした。昔ガンに罹ったことがある、そういう人には入れる保険がなかったのです。
そう、これまでは。
今は違います。今は、入れる保険を提案することが出来るようになっています。ガンになった経験を持っていようといまいと、ガンに備えるための保険に加入することが出来るようになったのです。

保険と病気

ガンの経験を持つ人は、入れる保険がない。それは過去の話です。過去において、保険の加入の可否は病歴と密接な関わりを持っていました。その仕組みと事情について説明します。

Read More

引受基準緩和型

今、ガンの経験を持っていても入れる保険があります。それは引受基準緩和型の保険。これまでは考えられなかったことが、どんどん可能になってきているのです。不可能を可能にした仕組みを紹介しましょう。

Read More

加入の条件

ガンと関係を持っている人でも入れる保険。とはいえ、みんながみんな誰でも入れるというわけではなく、やはり一定の基準を満たしている必要があります。どのような基準なのでしょうか。

Read More

無選択型

無選択型、あるいは無告知型の保険というものがあります。ガンに罹ったことがあっても入れる保険は、ここから見つけることが出来ます。このタイプの保険が登場したことによって、間口はぐっと広がったのです。

Read More

相談のススメ

「私、ガンに罹ったことがあるんです。だから、入れる保険なんてありませんよね」などと言う前に、まずは相談をするところから始めましょう。相談に訪れた人ひとりひとりの事情を聞き、最適な保険を紹介する専門家がいるのです。

Read More