保険と病気 | 国民的病気のガンになっても入れる保険がここにある

国民的病気のガンになっても入れる保険がここにある

保険と病気

保険料と保険金

そもそも、保険とは保険会社が提供する「商品」という捉え方がなされています。保険商品という言い方をするように、さまざまな特徴を持った保険を、各会社が開発して提供しているという状況があるのです。
そして人はそれらの商品のうちからひとつを選び、加入するのです。この「加入」は、「購入」と言い換えてもいいでしょう。
ただし、たとえばキャンディをひとつ買うみたいにお金をわたして保険商品を受け取るというものではありません。月々の保険料を支払うというのが、加入者が「購入」する方法なのです。
医療保険や生命保険、ガン保険では、保険料を支払う代わりに、それこそガンなどの難しい病気に罹ったときには保険会社から保険金が出ることになります。
これが保険の基本的な仕組みです。

加入できない場合

加入者にとって、ガン保険や医療保険、生命保険は「いつか罹るかもしれないガン」に対する備えとしてあるものなのです。
ただ、人によって入れる保険、入れない保険というものがあります。従来の医療保険やガン保険は、たとえば昔ガンに罹ったことがある人にとっては、入れる保険ではありませんでした。
なぜならその人はまたガンに罹る可能性があり、保険会社的には最初から保険金を支払わなければならないような加入者は抱えたくないというのが実情なのです。
ただ、入れる保険がないという状況は、ガンに罹ったことがある人にとっては不安なもの。何しろ入れる保険がないということは、「備え」を持つことが出来ないということです。
どうしたら良いのだろう?という歴史がありました。