加入の条件 | 国民的病気のガンになっても入れる保険がここにある

国民的病気のガンになっても入れる保険がここにある

加入の条件

誰でも入れる保険?

ガンの罹患経験を持っている人、治療経験を持っている人でも入れる保険。それが即、「誰でも入れる保険」を意味することではないことは、きちんと説明しておく必要があるでしょう。
つまり、あくまでも引受基準緩和型の保険は、ガンなどの病気に罹ったことがあったり、治療した経験を持った人が入れる保険なのであって、それ以上の存在ではないということ。
今この瞬間、ガンなどの病気に罹っている人が入れる保険ではないということです。
引受の基準は緩和されたのであって、消滅したわけではありません。依然として、基準自体は引き下げられながらも残っています。
この保険に加入するためにも、一定の基準をクリアしていることが条件となるのです。

条件の内容

引受基準緩和型の保険の多くが、今現在ガンの治療を行っている人に対しては、加入を認めはしません。
あくまでも、「罹る可能性が高い人でも入れる保険」というスタンスが基本となっているものだからです。100%ガンであるという人は、依然として基準をクリアしていないとみなされます。
入れるか入れないかの線引きは、「ガンが治ってからの年数」で決まっている場合がほとんどです。
たとえば、「3年以内にガン治療を受けたことがない人」という条件があります。3年間ガンと無縁であるというなら、加入を認めようというわけです。
ただし、ここでの「3年」というのは例であって、各保険によって年数は異なります。ここだけ読んで「あ、俺はまだダメだ」などと悲嘆する前に、さまざまな保険会社の引受基準を見てみるべきでしょう。