無選択型 | 国民的病気のガンになっても入れる保険がここにある

国民的病気のガンになっても入れる保険がここにある

無選択型

さらに入りやすい

月々、保険料を支払う。そしていつかガンなどの病気になれば、治療費を賄うための保険金を出してもらう。これが医療保険やガン保険、生命保険の仕組み。
保険会社として損はしたくありませんから、将来保険金を支払わなければならないことが決まっているような人が「入りたいです」と言っても、断る傾向にあったのがこれまでの状況。
ガンになった人は、もしそれが治っていたとしても、「再発」する可能性があるからです。ただし、これからは違います。そんな人でも入れる保険があります。
ところで、そんな入れる保険の中で、「さらに入りやすくなった入れる保険」とでも言うべきものがあります。
「引受基準緩和型」というのが入れる保険の名前でしたが、ここで新しく紹介する保険は「無選択型」と呼ばれています。あるいは、「無告知型」と。

告知義務、なし

無選択型、無告知型の保険は、ガンに罹ったことがある人でも入れる保険であるばかりか、加入したいと思っているときの健康状態について格別の告知をしなくても入れる保険となっています。
つまり、完全に過去の病歴は不問ということで、入れる保険なのです。
引受基準緩和型の保険の場合には、基準はあくまで緩和されたのであって、入れない人も幾人かいたわけですが、無選択型の場合には、原則的には誰でも入れる保険となっています。
ただし、やはり今現在病気に罹っていて、保険への加入と同時に保険金を必要とするような場合には、入れないというパターンがほとんどです。
その点は注意する必要があるでしょう。